サプリメント

アトピーとサプリメントの利用について

サプリメントを摂取してアトピーの症状を軽くしたいという人は案外多いようです。サプリメントは数多く販売されています。自分のアトピーの症状によって必要なサプリメントを選択しなければなりません。

 

アトピーの症状のうち特にかゆみが気になるという人は、バントテン酸やビオチンをサプリメントで摂取し皮膚の炎症を改善しましょう。ビタミンの一つであるビオチンは、たんぱく質の生成を助けて肌を良い状態にします。皮膚の炎症緩和の他にも関わっているのです。バントテン酸をサプリメントなどで取り入れることで、ステロイド剤の皮膚が薄くなる副作用の緩和効果が期待できます。

 

アトピー性皮膚炎で炎症やかゆみを感じる理由は、炎症物質ヒスタミンの以上分泌が原因です。本来、ヒスタミンは体内にウイルスなどが入ってきた時に、体を守るために分泌されるという成分てす。アトピーの人の場合、ダニやハウスダスト、花粉と言ったものに対しても反応してしまいまい、かゆみや炎症が頻繁に起こってしまうのです。ケルセチンは、かゆみの原因になるヒスタミンの分泌が過剰に分泌されないようにするという成分です。アトピーのために腸の環境が悪くなっていたり、皮膚が薄くなって炎症が出ている時はケルセチンは有用ではありません。ある程度アトピーが改善した後に、最後の仕上げとしてこのケルセチンを摂取する事をお勧めします。何よりもアトピーの症状は、人によって随分と変わっているのでサプリメントは専門家とよく話し合って選ぶ事が大切です。


このページの先頭へ戻る